日本大学工学部機械工学科
image

お知らせ

Infomation

2021.02.12

イベント情報の更新を行いました。

令和2年度 機械工学専攻修士学位論文審査会がありました。

        

2021.02.06

イベント情報の更新を行いました。

令和2年度 第59回機械工学科卒業研究発表講演会に参加しました。

        

2021.01.08

新年のご挨拶を申し上げます。

新年を迎えるとともに、コロナ対策を万全に活動を再開しました。

2020.04.

研究室HPの更新を行いました。

研究紹介ページへの画像の追加、研究室メンバーの更新を行い、新しくOB・OG専用ページを追加しました。IDはCE-NU-SMD、パスワードは研究室入口の鍵BOXのパスワードになります。

2020.02.12

イベント情報の更新を行いました。

令和元年度修士論文審査会(M2原田)&慰労会を行いました。

研究室紹介

ガリレイの曲げ試験

研究室からのメッセージ

社会インフラ設備・機器を守る機械工学の基盤となる研究を行っています. 主なターゲットは発電プラントのタービン部材,航空機ジェットエンジン部材で,これらの劣化(損傷)診断をしてます. さらに,ロボットとの接触による生体(人)の損傷(傷害)耐性も研究しており,この成果はロボットの安全設計・運用に活用されております.

研究テーマ

・耐熱材料の破壊寿命予測

・き裂の相互干渉

・ロボットの安全設計運用を目的とした接触衝撃による生体傷害耐性評価

・ロボットの安全設計運用を目的とした皮内傷害発生シミュレーション

・生体傷害耐性評価の人への応用を目指した毛細血管の破断強度推定法

・機械構造物の代替を目的とした木質材料の力学特性評価